ビハキュア 美白コラム

肝斑とシミの違い

肝斑と通常のシミの違い

頬にシミのある女性

通常のシミと肝斑にはいくつか違いがありますが、特に大きく違うのが症状の現れ方です。通常シミは特に決まった現れ方はなく、頬や口周り、アゴなどランダムに症状が出ます。しかし、肝斑は一般的に左右対称に現れることが多いです。頬なら右頬と左頬に、同じような大きさ、形のシミが現れます。はっきりした形はなく、ぼんやりと現れることが多いのも特徴の1つです。肝斑は他のシミに比べると改善が難しく、他のシミと同じような予防や治療では改善しないことも多いので注意しましょう。

シミの内服薬の種類

内服薬を使用したシミの治療もありますが、シミの種類によって適切な内服薬も変わってきます。メラニンが原因と考えられるシミの治療によく使われているのが、トラネキサム酸が配合されている薬です。トラネキサム酸にはメラニンを抑える働きがあるため、シミ改善の効果が期待できます。他にもチロシナーゼの活性化を阻害するハイドロキノンやコウジ酸などが含まれている薬や、肌のターンオーバーを促進させるエナジーシグナルAMPや4MSKが配合された内服薬なども、シミの治療でよく使われます。

ピーリングのシミへの効果

人間の皮膚はターンオーバーによって、新しい皮膚に生まれ変わっています。この時に古い角質やメラニン色素も一緒に取り除かれて、肌を綺麗な状態に保つことができるのですが、ターンオーバーが乱れるとメラニンが溜まってしまいシミができてしまうことがあります。ピーリングは表面に溜まった角質などを剥ぐ方法なので、メラニンを取り除いてシミを改善できるのではないかと考える人は多いです。ターンオーバーの乱れでメラニン色素が溜まり、シミができている場合にはピーリングによってある程度の改善効果が期待できるかもしれません。

シミにはピーリングよりもビハキュアを!

シミのある肌には、ピーリングなどのケアよりも、ビハキュアがおすすめ。

【ビハキュア】在庫薄!口コミで話題の美白コスメをお得に手に入れる

大人気美白コスメが在庫薄!ビハキュア7,000円割引※いつでも解約可※ 世の中に美白コスメってたくさんありすぎませんか?? まずお試しするのにもどれを手に取ればいいのかも迷ってしまいますよね。美白成分 ...

続きを見る

 

美白有効成分であるハイドロキノン誘導体と、トラネキサム酸をWで配合した美白クリームです。特にトラネキサム酸は色素沈着を抑制する働きがあり、肝斑の治療にも使用されている成分です。

相田翔子さんも愛用する美白クリームビハキュアは通常価格9,980円とちょっとお高めではありますが、初めてお試しの方なら初回2,980円になるキャンペーンもあるので気軽にお試しすることができておすすめです。

ビハキュアお申し込みボタン

-ビハキュア, 美白コラム

© 2020 【ビハキュア】口コミと評判の高い話題の美白クリームはこれ Powered by AFFINGER5