ビハキュア 美白コラム

そばかすとシミの見分け方

そばかすとシミの見分け方

そばかすとしみのある女性

シミとそばかすの一番大きな違いは原因にあります。一般的なシミは後天性によるものですが、そばかすは遺伝が原因になることが多く子供の頃から見られ思春期頃に目立つ傾向です。そばかすは茶色い数ミリ以下の小さいもので、頬や鼻に複数できます。シミの一種として考えられることが多いですが、遺伝性のものなので一般的なシミと同じような対処では改善は難しいでしょう。一方シミは炎症や紫外線、加齢などが原因になることが多い後天性のものなので、日頃のスキンケアで防ぎやすいものです。そばかすなのかシミなのかをしっかり見極め、適切なケアや治療をしていくことが重要になります。

老人性色素斑とは

老人性色素斑はシミの一種で、手や顔などに1cm程度の色素斑ができてしまうものです。基本的には高齢になるほど症状が出やすくなり、60代以降になると多かれ少なかれ殆どの人にできると言われています。基本的に老人性色素斑そのものに害はありませんが、悪性疾患に似たような症状が出るケースもあるため、健康に害を及ぼすシミかどうか判別が必要になることもあります。老人性色素斑には、レーザー治療が効果的だと言われています。健康に悪影響を及ぼすものではありませんが、美容的な面を考えて治療を希望する人が多いです。

炎症性色素沈着とは

炎症性色素沈着は、炎症によって引き起こされるシミです。蚊に刺されてしまい、そこが炎症を起こしてしまうことがありますよね。その炎症の後に、シミができてしまうことがありますが、それが炎症性色素沈着です。他にも火傷や湿疹、ニキビなどの炎症で起こる可能性もあります。肌に炎症が起きると、黒色メラニンが生成されるのですが、それが排出されずに肌に残ったままになると炎症性色素沈着を起こします。日本人は黒色メラニンが多いと言われているので、炎症を起こした後は注意が必要です。

脂漏性角化症とは

脂漏性角化症は、シミというよりはイボに近い症状が現れます。日光に当たりやすい顔にできることが多く、小さなものは一見ほくろのようにも見えます。少し触ってみて凹凸があるものや、かさぶたのようにボロボロ削れる場合は、脂漏性角化症の可能性が高いです。悪性になることはほとんどないので、基本的にはそのままにしても問題ありません。しかし、ヒゲ剃りの時に邪魔になったり、見た目が気になったりする場合は治療することもできます。治療には炭酸ガスレーザーを使って切除する方法や、凍結療法などがあります。

花弁状色素斑とは

花弁状色素斑は、かたや背中など上半身にできやすいシミの一種です。だいたい3mmから1cm程度の色素斑ができるのですが、その形が花びらのような形をしているため、花弁状色素斑という名前がつきました。紫外線が原因と言われていて、日焼けした後にできやすいシミです。そばかすができやすい人は、花弁状色素斑になりやすいと言われているので、紫外線対策など日頃のケアに気をつける必要があるでしょう。花弁状色素斑はレーザー治療を行うことで改善できる可能性があります。

シミや肝斑にビハキュア

シミや肝斑に悩んでいるなら、美白有効成分が2種類も配合されている医薬部外品の「ビハキュア」がおすすめ!

頬に手を当てる相田翔子

皮膚科で内服薬として処方されることの多いトラネキサム酸に加え、美白成分としても人気の高いハイドロキノン誘導体をWで配合している話題の美白クリーム、ビハキュア。

相田翔子さんも愛用している、美白だけでなくしっかり保湿してくれる機能を持つ話題のコスメです。

ビハキュアお申し込みボタン

通常価格9,980円の本体が、初回に限り2,980円になるキャンペーンでお得に手に入ります。

-ビハキュア, 美白コラム

Copyright© 【ビハキュア】口コミと効果!シミが〇か月で薄くなる美白クリーム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.