ビハキュア 美白コラム

加齢でシミが増えるのはなぜ?

加齢でシミが増えてしまうワケ

加齢が原因のシミ

歳をとるとシミが増えるのは自然現象と受け止められていますが、その原因はどこにあるのでしょうか。いわゆるシミは「老人性色素斑」と言う名前なのですが、別名があります。それは「日光性色素斑」です。つまり、紫外線に当たると日焼けで見られるように皮膚でメラニンという色素が作られます。それは皮膚のターンオーバーに伴って消滅するのですが、紫外線に当たり続けると次々作られるため消滅しません。そして加齢に伴って均一でスピーディーなターンオーバーができなくなってくると、シミとして皮膚の上に残ってしまうのです。

シミ予防に保湿が大切な理由

単なる日焼けであればすぐに消えてくれますが、肌に問題があるとシミとなって残ることが少なくありません。肌の表面には角質層と呼ばれる部分があり、これは外界の刺激からその下の層を守ってくれています。ところが水分が不足した乾燥肌では、この角質層のバリア機能が失われやすいのです。角質層の機能が衰えると紫外線などの刺激が多く届き、肌は自分を守るためにメラニン色素を量産してしまうのです。また、角質層は皮膚の最も外側部分ですが、乾燥によって傷んでしまうと古い組織が剥がれにくくなります。

シミが薄くなる目安の期間

肌を構成する表皮は、その下にある真皮との間に基底細胞からなる基層があります。これは細胞が一列に並んだもので、盛んに細胞分裂を行っています。分裂でできた新しい細胞は有棘層・顆粒層・淡明層と順に外側へ押し上げられ、一番外の角質層に届くと細胞は死んで角質となるのです。これには約4週間かかります。皮膚を守る色素のメラニンも基層で作られ、他の細胞と一緒に外へ外へと送られます。つまり、できてしまったシミも、4週間で一番外まで送り出されることから、そのくらいの期間でシミは薄くなるでしょう。もちろん紫外線の刺激などで次々メラニンが作られてしまうと薄くはなりません。

シミができてしまう仕組み

シミや色素沈着がある女性の肌

先にもお話ししたとおり、シミはメラニン色素が正しく処理されないことが原因で発生します。最初に紫外線などの刺激が肌に加わったことによって、真皮層以下にダメージを届かせないよう、表皮の基層にあるメラニン細胞(メラノサイト)でメラニン色素は作られます。できたメラニン色素は皮膚のターンオーバーに従って、だんだん外側へと移動し、およそ4週間後には垢となって剥がれて行くのです。しかし、紫外線を浴び続けるなど、刺激を受け続けるとメラニン色素を作る仕組みが働き続けます。この時ターンオーバーが順調に行われていれば、全体に色黒になるだけで済みますが、そうでない場合ムラになって濃い部分がシミになるのです。

保湿しながらシミ予防ができる「ビハキュア」

 

美白ケアにはとにかく保湿が大切。しっかり保湿をしながらWの美白有効成分でシミ予防をするなら「ビハキュア」がおすすめです。

【ビハキュア】在庫薄!口コミで話題の美白コスメをお得に手に入れる

大人気美白コスメが在庫薄!ビハキュア7,000円割引※いつでも解約可※ 世の中に美白コスメってたくさんありすぎませんか?? まずお試しするのにもどれを手に取ればいいのかも迷ってしまいますよね。美白成分 ...

続きを見る

すっぴんに自信が持てる!とあの相田翔子さんもイチオシの美白クリーム、「ビハキュア」。ハイドロキノン誘導体とトラネキサムさんを贅沢にWで配合した医薬部外品です。美白コスメは乾燥が気になって・・という人が使ってみたところ、「これまでの美白コスメとは違う保湿の凄さ!」「オイルやクリームを重ね塗りしなくても問題ない!」という口コミが寄せられています。

今なら初回限定で通常価格9,980円の商品が2,980円でお試しできるキャンペーンがあるので気になる方はチェックしてみてくださいね。

ビハキュアお申し込みボタン

-ビハキュア, 美白コラム

© 2020 【ビハキュア】口コミと評判の高い話題の美白クリームはこれ Powered by AFFINGER5